MAマスター エコトレFX 自動売買システム

MAマスターの特徴(順張りタイプ)

トップFX自動売買システム紹介MAマスター

T.買いルール

1.前提条件:下記条件を満たした場合のみ、仕掛けルールを適用する
・2本の単純移動平均線(x期間・y期間)の乖離幅(z期間の平均値)が、
「縮小」から「拡大」に転じる

2.仕掛けルール:買いポジションを作るときのルール
・上記の前提条件を満たした期間(以下、期間〔t〕)の直後の期間
(以下、期間〔t+1〕)の始値で買い

3.手仕舞いルール:買いポジションを手仕舞うときのルール
@過去a期間の最安値で転売 または、
A前提条件である乖離幅が「拡大」から「縮小」に転じたら、途転売り
※途転とは、ポジションを決済する(手仕舞う)と同時に、決済前とは
逆のポジションを新規に建てること。

チャート1

xを「5」、yを「20」、zを「20」、aを「10」とした場合(日足)、
@ 12/3に5日移動平均と20日移動平均の乖離幅の20日間の
平均値が「縮小」から「拡大」に転じる
A 翌日の12/4の始値 11330で「買い」
B 12/30に5日移動平均と20日移動平均の乖離幅の20日間の
平均値が「拡大」から「縮小」に転じる
C 翌日の12/31の始値 11622で「途転売り」


U.売りルール

1.前提条件:下記条件を満たした場合のみ、仕掛けルールを適用する
・2本の単純移動平均線(x期間・y期間)の乖離幅(z期間の平均値)が、
「拡大」から「縮小」に転じる

2.仕掛けルール:売りポジションを作るときのルール
・上記の前提条件を満たした期間(以下、期間〔t〕)の直後の期間
(以下、期間〔t+1〕)の始値で売り

3.手仕舞いルール:売りポジションを手仕舞うときのルール
@過去a期間の最高値で買戻し または、
A前提条件である乖離幅が「縮小」から「拡大」に転じたら、途転買い
※途転とは、ポジションを決済する(手仕舞う)と同時に、決済前とは
逆のポジションを新規に建てること。

チャート2

xを「5」、yを「20」、zを「20」、aを「10」とした場合(日足)、
@ 10/12に5日移動平均と20日移動平均の乖離幅の20日間の
平均値が「拡大」から「縮小」に転じる
A 翌日の10/13の始値 10968で「売り」
B 11/10に過去10日間の最高値 10721で「買戻」

MAマスター 損益グラフ

FX自動売買システム 成績結果

1位【300名限定】
    資産129倍! クロスファイアFX
2位【勝率88.7%!】
    1日1万円稼ぐ 恋スキャFX
3位【デイトレ最強】
    損失は10pipsまで SSFZ-PRO

システムトレード 運用結果

1位 ボラーチェ
   期間損益+2,079 pips
2位 MA Ninja
   期間損益+1,192 pips
3位 スキャルエンジン
   期間損益+1,096 pips
4位 MAマスターUS
   期間損益+858 pips
5位 スイングギドラA
   期間損益+783 pips

おすすめFX自動売買サポート
FX自動売買

MT4とシステムトレード
FX自動売買 自作編

ひまわり証券エコトレFX
エコトレFX 応用編

マネースクウェアジャパン
FXトレードフィナンシャル
FXCMジャパン

セブンインベスターズ証券

FX自動売買 その他


Yahoo!ブックマークに登録


本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在